希望を叶えてくれる美容外科|綿密な下調べが未来を左右する

レディー

美容治療によるたるみケア

ボディ

人間の皮膚の奥深くにある真皮層では、肌に弾力を与えるコラーゲンが生成されています。コラーゲンの生成量は加齢とともに減少し、コラーゲンが不足した肌はたるんできます。コラーゲンの生成量は25歳頃がピークですので、20代の半ばを過ぎた頃からたるみケアを行うことが必要になります。たるみケアの方法には、化粧品によるスキンケアやエステサロンのフェイシャルトリートメントなどがあります。しかし、肌のたるみが目立つようになってきた時には、化粧品やトリートメントだけではたるみの改善は非常に困難です。本格的なたるみケアをするには美容外科で治療を受けることが最適で、確実に肌のたるみを取ることができます。美容外科のたるみ治療には、スプリングスレッドリフトやウルセラ、ヒアルロン酸注射などがあり、最適な施術で肌のたるみを改善します。スプリングスレッドリフトは、皮膚に伸縮性のある特殊な糸を挿入して肌のたるみの改善を図ります。ウルセラはメスを使わずに肌のたるみを取ることができ、外科手術をせずに本格的なリフトアップをすることが可能です。ヒアルロン酸注射はプチ整形によるたるみ治療で、スプリングスレッドリフトやウルセラと比べると料金が格安です。

皮膚の組織は表皮と真皮層、皮下組織と筋層があり、皮膚のたるみを改善するには皮下組織に働きかけることが必要です。化粧品のスキンケアの効果は表皮から真皮層にかけてしか及ばないので、たるみを根本的に改善することは不可能です。エステサロンではマッサージを併用するため化粧品よりも優れたたるみケアが可能ですが、マッサージの効果は皮下組織までには及びません。化粧品やエステサロンのフェイシャルトリートメントは根本的なたるみ治療はできないので注意が必要です。美容外科では根本的なたるみ治療が可能で、確実に皮膚をリフトアップすることができます。美容治療をすると確実な効果が得られる理由は、美容治療の効果は皮膚の皮下組織や筋層にまで及ぶからです。皮膚の奥深くの筋肉まで効果が及ぶので、根本的にたるみを改善することが可能になります。美容外科のたるみ治療のサーマクールは高周波が皮下組織まで到達し、皮下組織のコラーゲンの生成を促進させます。サーマクールが進化したウルセラは超音波を使用するため、超音波は筋層にまで達してコラーゲンを増殖させます。ウルセラは非常に優れたリフトアップの効果が得られますが、施術を担当する医師には非常に高度な技術力が要求されます。ウルセラによるたるみ治療を受ける際には、ウルセラの治療実績が豊富な美容外科で治療を受けることが大切です。