希望を叶えてくれる美容外科|綿密な下調べが未来を左右する

レディー

顔や体の整形をするには

フェイス

技術と美的センスが必要

美容外科の治療は二重や鼻、口の整形、脂肪吸引、豊胸などがあり、主に切開する整形を行います。美容皮膚科はシミやシワ、ニキビ治療、ほくろ除去など肌質を改善する治療を行っています。最近は美容外科が美容皮膚科も併設するところが増えてきました。大きな美容外科病院なら美容皮膚科の専門医師がいます。しかし個人の美容外科では同じ医師が美容皮膚科も兼任することが増えてきました。中には幅広い知識と技術を持った医師もいます。しかし浅い知識しかなく治療の経験が乏しい医師がいることもたしかなのです。そのため美容整形をするときには医師の経験年数や実績などをホームページなどで確かめるといいでしょう。またその病院の口コミなども参考になります。肌の再生を主とする美容皮膚科と違って美容外科は顔や体の形状を変える手術を行います。たとえば目頭切開をして目を大きくするときでも両目のバランスをとる必要があります。目元のバランスが崩れると顔全体がアンバランスになってしまいます。またシリコンバッグや脂肪注入などで胸やお尻のサイズアップをはかるときにはただ大きいだけでなく形の美しさも重要となってきます。それには確かな技術のほかに美的センスも必要となるのです。

独自の治療を行う場合も

美容整形の世界は毎年新しい整形方法や機器が生まれています。美容外科は美容皮膚科に比べて治療の種類や機器も多く、それらを導入することも大変です。中には病院独自の整形方法を開発しているところもあります。このような病院は美容整形に対する熱意が感じられて患者の人気も高くなっています。また美容外科には美容皮膚科では治療不可能な患者が送られてくることもあります。たとえばヒアルロン酸やボトックス注射では改善できない顔の深いシワはフェイスリフトが行われます。これは顔のたるんだ皮膚を切り取り引き上げる手術です。以前は表面の皮を引き上げるだけの手術だったので表情も不自然でした。しかし今では表情筋と共に皮膚が動くため自然な表情が作れるようになりました。また傷跡もほとんど目立たないのも今の整形手術の特徴です。フェイスリフトは5歳から10歳ほど外見年齢を若くすることができます。またヒアルロン酸などの注射は持続期間が短いため定期的に治療することが必要です。しかし切開する手術の効果は半永久的です。そのためトータルで見ると切開手術の方が注射よりかえって費用は安くなるかもしれません。美容外科の手術は最近では短時間ですみ日帰りできる治療も増えてきました。